雑記

高島彩は子供のお受験はゆずれない。嫁姑バトルが終わったのか?

投稿日:

アップロードイメージ画像

引用元 フォニックス オフィシャルサイト

元フジテレビアナウンサーの高島彩さん。

アヤパンの愛称で人気です。

まだまだ若くかわいいですが、現在40才です。

ゆずの北川悠仁さんと2011年に結婚して、二人の子宝にも恵まれています。

結婚当初から、嫁姑バトルと報じられてきましたが、ここにきて子供のことで、その関係にも変化が出てきたという情報がでてきました。

そんな高島彩さんのことが気になったので、調べてみました。

高島彩は子供のお受験はゆずれない。

高島彩さんと、ゆずの北川悠仁さんの結婚は、ただの芸能人同士の結婚ではなかった。

というのも、北川悠仁さんの母・慈敬(じけい)さんは、新興宗教団体「かむながらのみち」の教主でした。

『かむながらのみち』は天照大神を信奉し、神道と仏教を融合させた教えを説いています。

宗教そのものに、良いとも悪いとも言えませんが、慈敬さんからの言葉に、例えば結婚時期のことなどを高島彩さんが従ってきたのですが、そのことでずっと我慢をしていたようでした。

しかし、愛する我が子のこととなれば、話は別ということで、二人に溝ができてきたと言われてます。

「原因は長女の“お受験”です。来年の入学に向けて、高島さんはカトリックの女子校に通わせたいと思い、今年の受験を考えている。慈敬さんはそれに猛反対しているそうです」

こうテレビ関係者が言ってました。

慈敬さんの反対理由

  • 子供は自然に育てた方がいい
  • 宗教の問題。高島さんが希望するのはキリスト教系の小学校なので、慈敬さんからすれば、孫が自分の教えとは違う宗教系の学校に進学する

両者の思いは、それぞれ単独でみると、それぞれの思いに問題はないですね。

ただ、私は孫のことを思うなら慈敬さんが、高島さんと息子の北川さん夫婦にまかせてあげればなと思います。

この問題は、どちらか一方が間違ってるということではないので、なかなか解決がむずかしいでしょう。

しかし、高島彩さんは決心したようです。

「最近の高島さん、表情もスッキリしていて何か心に引っ掛かっていたものが吹っ切れた感じ。一層仕事に力を入れていますよ」

こうテレビ関係者の声がありました。

やはり、一度どこかで区切りが必要だったのでしょう。

何が完璧な答えなのかは、誰にもわからないですけど、我が子のことは親として、愛情と責任をもって育ててるはずですから、これで良かったと思われます。

本当は、お互いが理解し合えるのが理想ですが、おそらく無理でしょう。

このように、高島さんを養護する声が多いです。

と言いますか、孫のことに口出しを嫌うということでしょう。

嫁姑バトルが終わったのか?

どこの家庭でも、嫁姑バトルがあるわけではないですが、多少の問題はあると思います。

この投稿を見て思いましたが、やはり「従うか、家を出るかの2択」しかないと思います。

宗教そのものの問題ではないですが、とは言え、新興宗教団体「かむながらのみち」の教主の義母と高島さんの関係は、当たり障りのない関係にはできないでしょうから、そのことを理解しての決断だったのでしょう。

高島さんは「譲れないところは譲らない」という姿勢を貫くつもりとも言われてます。

そのため、ある意味では嫁姑バトルが終わったとも言えますが、関係が一切なくなるわけではないのが、問題ですね。

まとめ

高島さんと、「ゆず」の北川悠仁さんのビッグカップル誕生は、とてもおめでたいことでした。

高島さんは「譲れないところは譲らない」と決心したので、一応の嫁姑バトルは終わったと言ってもいいでしょう。

もちろん、義母の慈敬さんが納得しなければ、嫁姑バトルが終わらないとも言えますが、子供のことは親が決めるということが、本来あるべき姿でしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-雑記

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.