雑記

鈴木砂羽の土下座騒動その後は?元旦那と離婚しても喧嘩する仲だけど

投稿日:

アップロードイメージ画像

引用元 ホリプロオフィシャルサイト

2017年に鈴木砂羽さんが、初演出を手掛ける主演舞台「結婚の条件」で、土下座騒動がありました。

騒動について見方はいろいろあるようで、双方の意見も違いました。

鈴木砂羽さんは飾らない人柄もあり、バラエティー番組にも出演されますが、やはり女優として評価される人です。

そんな鈴木砂羽さんのことが気になったので、調べてみました。

鈴木砂羽の土下座騒動その後は?

そもそも、土下座騒動とは何だったのか?

2017年に鈴木砂羽さんが、初演出を手掛ける主演舞台「結婚の条件」において、出演予定だった鳳恵弥さんと牧野美千子さんが、開幕を前に急きょ降板しました。

降板させられたという側の、事務所の社長のコメント

トラブルのあった9月9日は、ほかの仕事が入っていたために、いつもより早く切り上げさせてほしいと前もってプロデューサーの江頭美智留氏にお願いしていたのです。しかし、主演で演出も担当していた鈴木さんには伝わっていなかった。2人が抜けることで2回目の通し稽古ができなくなり、彼女が謝罪を求めたのです

鳳恵弥さんは、ブログでこう発言してました。

《美千子姉さんが『すいませんでした。』と謝る姿に納得せずに『ぬるいわね』と吐き捨て更に追い込もうという(中略)他の共演者の方にも土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました》

鈴木砂羽さんの反論は、違いました。

「土下座をさせたことはまったくございません。心情的なことや人格を否定するようなこと、罵声を浴びせた事実はありません」

双方の意見の違いがありました。

実際には、鈴木砂羽さんが「土下座しろ」とは言っていないのが、共通の意見でした。

言葉の解釈の違いで、「土下座」ととるか、とらないかの違いでした。

鈴木砂羽さんは、騒動に対して謝罪をしています。

現在は、共演者とのコミュニケーションをいっそう大切にするようになったと言います。

関係者の証言もありました。

「鈴木さんはもともと“毒舌キャラ”として有名でしたが、自分でも気が強いという自覚はあったようです。それでも、やはり騒動は相当こたえたようですね。女優業だけでなく、演出や脚本といった裏方仕事にも力を入れていきたいと意気込んでいた矢先でしたから……」

誰も得をしなかった騒動でしたが、鈴木さんは「意気込みだけではダメだ」と考えたのでしょう。

現在は、コミュニケーションを大事にしてるので、もうこれからは、トラブルにはならないでしょう。

鈴木砂羽さんの、こだわりがそうさせたのか、性格的な問題だったのか、コミュニケーション不足だったのでしょう。

「ものすごい勉強になった。今では感謝してます。制作側に回った時のことをいろいろ考えると、いい経験だったな」

こう振り返る鈴木さんですから、女優としても裏方としても、土下座騒動の教訓から一段と成長されたということですね。

元旦那と離婚しても喧嘩する仲だけど

鈴木砂羽さんは、2011年10月5日に10歳年下の俳優・吉川純広さんと結婚。

2015年8月15日、吉川純広さんと離婚してます。

私たちは夫婦として時間を進めていくよりも、個に戻り、今一度これからの人生をそれぞれに邁進するという結論に至りました。

こう二人で、コメントしてました。

「将来に対する展望の違いが離婚の原因」と言っていたので、私は、このようなで離婚したのなら、もうそんなに会うことはないと思ってましたが、二人の場合は違ってました。

二人は、演技を通じた友人と言われてます。

鈴木さんはあるとき、俳優の先輩として吉川さんを叱咤激励していたとき、時間がたつうちに、大喧嘩となってしまいました。

日曜日の夕方の、東京都内でも人気の商店街付近の路上だったので、道行く人々も思わず振り返ったそうです。

現場にいた女性の話によると

「別れたダンナさんとなぜ?と、思いました。でも鈴木さんが『何で信じてくれないのか』といった言葉を繰り返しているのを聞いていると、もしかしたらまだ愛情が残っているのかもしれないという気もしたのです」

20分ほど喧嘩していたというので、少なくても友達以上の感情が、今もあるようですね。

まとめ

自分で気が強いという、自覚があるという鈴木砂羽さん。

女優をひとくくりにして、どうこう言うのはできませんが、それも含めて女優としての魅力になるのではないかと、思いました。

裏方にも挑戦して、いろんな経験を経て現在は、コミュニケーションを大事にすることになったのは、結果的に良かったのでしょうね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-雑記

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.