料理

野菜の冷凍保存の方法について種類別にご紹介!工夫次第で時短調理に 

投稿日:

こんにちは。お買い得商品や特売のお野菜など、たくさん買えた時は嬉しいですよね♪

ついつい買いすぎちゃって冷蔵庫の奥で眠ってた…。なーんてこと、ありませんか?

ここでは我が家でよくやる冷凍保存についてご紹介します!

賢く保存して、食材の無駄をなくしましょう!

 

野菜を冷凍する時の注意点

まずは野菜を冷凍するときの注意点からご紹介します。

この注意点さえ覚えておけば、ほとんどの野菜が冷凍保存ができますよ♪

その注意点とは…。

「冷凍した野菜は必ず加熱調理をする」です!(使い込んでいるIH…汚くてごめんなさい。汗)

アップロードイメージ画像

自然解凍をしたり、解凍後、生のまま食べようとすると、野菜は水でベシャベシャ、葉物はしんなり…。とても悲しい状態になってしまいます。注意点は必ず守ってくださいね!

 

それから、調理前にそのまま冷凍できる野菜(たまねぎ、ニンジンなどなど)と、加熱調理後に冷凍保存が向いている野菜(カボチャや絹さや)があります。

よく見極めていきましょう!

 

野菜の冷凍保存の仕方<そのまま冷凍できる野菜>

たまねぎは生のまま保存することができます。使う時のことを考えてあらかじめ切ってから保存しましょう!

細切り、くし切り、みじん切りなど、切ったら袋になるべく平らにして入れます。

均等に冷凍されやすくなりますよ♪

アップロードイメージ画像

ちなみに袋は冷凍に対応して入ればなんでも大丈夫です。袋が入っている箱の裏に「耐冷温度」が記されているのでみてみてくださいね。

アップロードイメージ画像

にんじん、もやし、パプリカ、ピーマンも、たまねぎと同じように冷凍できます。

使う時のことを考えて切って保存袋へ入れましょう!

アップロードイメージ画像

オリジナルミックス野菜袋を作っておくのもいいですね~♪

アップロードイメージ画像

料理の時間が短縮できます!

 

野菜の冷凍保存の仕方<加熱調理後が向いている野菜>

絹さやなど、色味が大事な野菜は下ゆでして冷ましてから冷凍しましょう!

まずは絹さやの筋を取ります。

アップロードイメージ画像

茹でるときは沸騰したお湯にサッと10秒ほどでオッケーです。

アップロードイメージ画像

冷水で冷まし、水気を拭き取ってから冷凍庫へ。

下茹ですることで解凍後も綺麗な色のまま、食感もしゃっきりしますよ♪

 

スポンサーリンク

 

その他の食材の保存方法

きのこ類は下処理せずにそのまま冷凍することができますよ!

石づきを落として、使う時のことを考えて切り、保存袋に入れます。

アップロードイメージ画像

きのこは冷凍することにより、細胞が壊れ、栄養価があがります。小分けにしておくことで、料理も楽になり、栄養価も上がり、一石二鳥ですね♪

 

油揚げもそのまま冷凍することができます。

アップロードイメージ画像

使うときのことを考えて切っておくと、お味噌汁や煮物にさっと入れられてとーっても便利ですよ!

アップロードイメージ画像

 

まとめ

・冷凍した野菜は生ではなく加熱して食べること!

・野菜によっては加熱などの下ごしらえをしてから、冷凍すること!

・冷凍するときは使うと木のことを考えて切っておくこと!

 

どうでしたか?工夫次第で料理の時間をグンと短縮できます♪

冷凍食材、上手に活用してくださいね!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-料理

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.