英語

重曹とクエン酸でお掃除しよう!排水溝を手軽でキレイに

投稿日:

こんにちは!重曹(アルカリ性)とクエン酸(酸性)の化学反応で泡が発生して
洗いにくいパイプや排水溝のおそうじが出来る!という情報を
キャッチしました。ナチュラル洗剤を単体で使ってお掃除をすることは
ありましたが組み合わせて使うことが出来るとの事なので
今回、実践してみたいと思います!

キッチンの排水溝でチャレンジ

一般に売られているパイプ用の洗剤(パイプユニッシュなど)は
髪の毛なども溶かしてしまうので
パイプが傷んだり、刺激臭が気になったり、
肌についたら荒れるかな。。などなど
気にされる方もいるかと思います。
ナチュラル洗剤で刺激臭もない方法ならやってみない手はないですよね!

《用意するもの》
・重曹
・クエン酸
・水
・計量カップ/スプーン
・ゴム手袋
・鍋(2リットル沸かせるサイズ)
アップロードイメージ画像

 

《手順》

① 手荒れ防止にゴム手袋をします。
アップロードイメージ画像

② 鍋に水2リットルとクエン酸大さじ2を加えて沸騰させます。
アップロードイメージ画像

③ 重曹1/2カップを排水溝全体に振りかけます。
アップロードイメージ画像

④ 沸騰させた①を排水溝に注ぎます。
アップロードイメージ画像

⑤ 泡が落ち着くまで待ち、仕上げに水を流す。
アップロードイメージ画像

⑥ 終了です!
アップロードイメージ画像

やってみた感想

目に見えてキレイになった!と言うわけでは正直なかったです。。
が、臭いはなくなってスッキリしました。
こびりついた汚れにはしっかりと市販のパイプ用洗剤で汚れを落として
日常のお手入れとして取り入れるのはアリだと思いました。
習慣として取り入れれば大掃除の回数も減りそうです。

スポンサーリンク

 

臭い対策としてこんな方法も

重曹の効果なのか匂いにすごく効果があったので
食器を洗う前に排水溝に重曹をまいておいて
食器を洗いながら流すだけでも臭い対策となって良いと思います。
時間があったらプラスして今回のクエン酸をかけることで
水回りの普段のお手入れは十分だと思います。

まとめ

発泡は一瞬だったので本格的なお掃除というよりは
汚さないためのお手入れとして考えれば良い方法だと思います!
ドレッシングボトルなどに重曹やクエン酸を入れてキッチンに
常備しておけば気付いたときに使えて便利です。
手軽に取り入れられる方法なので試してみてください!

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-英語

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.