雑記

桜井玲香ポンコツキャプテンの愛される名言。休業した理由とは?

投稿日:

アップロードイメージ画像

引用元 乃木坂46オフィシャルウェブサイト

桜井玲香さんは、乃木坂46のキャプテンであるのですが、ポンコツキャラで毒舌であると言われるが、「物事をはっきり言ってるだけ」と言ってます。

桜井玲香さんはポンコツと言われても、その言葉が名言と言われ、そのルックスの良さもあり人気者です。

川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小の児童ら19人が殺傷された事件を受け、同校出身者の桜井さんはブログで哀悼の意を表し、やりきれない思いを投稿されるほどの気持ちの優しい思いやりのある人です。

そんな桜井玲香さんのことが気になったので、調べてみました。

桜井玲香ポンコツキャプテンの愛される名言。

桜井玲香さんは、歌唱力やダンスのスキルが高いと評価されています。

しかし、その反面で遅刻の常習犯であったり、握手会やイベントで話が噛み合わないなどのポンコツ具合も持ち合わせています。

ただそのポンコツ具合も、年下のメンバーや後輩にはそれが近づきやすさとなり、頼りやすい先輩でありキャプテンという存在なのでしょう。

だからそれが、ファンやメンバーに好かれてる理由の一つになってます。

そしてキャプテンとしての名言がこちらです。

私の発言がイコール、グループの発言として捉えてくださるファンの方が多いんですよ。 
だとしたらなおさら、前向きなことを言った方がいい。 
遠慮しながら、 保険をかけながらしゃべるんじゃなくて、 
勇気を出して力強い言葉を言う。その言葉が有言実行できるよう、 
みんなで努力すればいい。

キャプテンとしてみんなを引っ張っていく姿勢が、この言葉に詰まっています。

そして、「ファンの人たちと一緒に乃木坂46を盛り上げていく」という意味も含まれてるのではないでしょうか。

行動することが一番の近道だと思っています。 
計画することも大事ですけど、とりあえず調べてみるなり、 
行きたい場所に行ってみるなり、何かしないと何もことが 
進まないなっていうのはこの仕事を始めてから痛いほど感じてきた。

このような発言は、すでに自己啓発本レベルですよね。普通に感動して、なんでもいいので行動しようと思いました。

桜井玲香休業した理由とは?

桜井玲香さんの休業は、「乃木坂46 真夏の全国ツアー2016」の欠席を発表したことでした。

このツアーを欠席をすることが決まり、桜井玲香さん本人もブログでコメントを発表しました。

公式発表では体調不良とのことでした。

桜井さんはブログで

「心配かけて ごめんね。。。がんばります!」

こう言ってましたが、もちろんファンの間ではいろんな憶測が飛び、心配する声がたくさんありました。

その後に復帰しても、またイベントを欠席するとファンの心配も一段と大きくなり、桜井さんの体の心配をしつつ復帰を待ってました。

しかし、体調不良の詳しいことは不明なままですが、現在は元気に活動されているので一安心ですね。

まとめ

桜井玲香さんは、卒業のうわさがささやかれることもありましたので、ファンの人たちは心配でした。

ただ、現在元気に活動されていて、キャプテンとして多くの努力でメンバーを引っ張っていく姿は、ポンコツどころか頼もしい存在ですね。

ただ、最近の悲しく痛ましいニュースの、小田急線登戸駅付近で私立カリタス小の児童を含む複数人が刺された事件で、桜井さんは本当に心苦しく痛ましい気持ちでいっぱいのようです。

幼稚園の頃からずっとお世話になってきた、私の大切な母校

あんな悲しい事件が起こったのはあまりに突然過ぎました。毎日笑顔と活気が溢れ、計り知れない深い愛で私たち生徒を包んでくれる学園が、今もなお悲しみ、苦しんでいる姿を思うとやり切れない思いで一杯です

恩師である先生方、そして同じ学舎で育った生徒の皆さん、保護者の皆様が一日でも早く心安らかな日々を過ごせることをお祈り致します。そして、謹んで哀悼の意を表します。桜井玲香

他人を思いやる気持ちが、人一倍大きな桜井玲香さん。こんなキャプテンを持つ乃木坂46のメンバーそしてファンのみなさんは幸せですね。

これからのさらなる活躍を期待したいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-雑記

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.