折り紙

折り紙でひな祭り飾りの作り方のコツこれでかんたん3分でできる

投稿日:

こんにちは!

今日は、折り紙でカンタンに作れるお内裏さまとお雛さまをご紹介します♪

 

街でひな祭りの飾りを見かけると、いよいよ春が近づいてきた感じがしますよね。

我が家は男の子だけなので、本格的なお雛さまはないんです。

 

でも、今日ご紹介する折り紙お雛さまなら、男の子だけのおうちにちょっと飾るのにもおすすめ。

自宅以外でも子どもが集まるイベントなどで飾ると、季節感が出ていいですよね。

 

では、さっそく、解説していきます!

 

折り紙ひな飾り作りのために用意するもの

 

アップロードイメージ画像

☆材料:折り紙

☆道具:定規(なくても大丈夫ですが、あるときれいに折りやすいです!)

 

お雛様は写真向かって左の無地の折り紙で折ります。

これは、ダイソーで購入したものなんですが、大きすぎず小さすぎずのサイズ感が◎

通常の折り紙より一回り小さめで 11.7 cm×11.7 cm です。

 

アップロードイメージ画像

どんな大きさの折り紙でも大丈夫ですが、少し小さめの方が可愛らしい感じになりますよ♪

 

向かって右の柄が入った千代紙もダイソーで買いました。

和柄なので、お雛様を置くにはピッタリです^^

 

今回は、お内裏さまを黄緑で、お雛さまは薄いピンクで作ります!

アップロードイメージ画像

 

では、次の章で折り方をご説明します!

 

3分で出来る!ひな祭り飾りのカンタン&きれいな作り方を解説☆

 

1.お内裏さまを作る

アップロードイメージ画像

 折り紙を半分に折ります。(折り目をつけるため)

 

2.手順1で折ったところを開く

アップロードイメージ画像

 中心に折り目がつきました。

 

3.

アップロードイメージ画像

写真のように、中心線に合わせて折ります。

 

4.

アップロードイメージ画像

反対側も同じように折ります。

 

5.

アップロードイメージ画像

フタをかぶせるように、上の△部分を折ります。

 

6.

アップロードイメージ画像

折ったところ。

 

7.

アップロードイメージ画像

赤線を引いたところから上に折り上げます。

 

アップロードイメージ画像

折る部分に定規をあてて。

 

アップロードイメージ画像

写真のように、定規に沿わせるように折り上げるとまっすぐキレイに折れます。

 

8.

アップロードイメージ画像

赤線のあたりを折ります。

 

ここでも↓のように折りたいところに定規をあてて、沿わせるように折るとキレイにできます^^

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

 

9.

アップロードイメージ画像

折れました。

 

10.

アップロードイメージ画像

右側も同じように折ります。

 

11.顔を作る

アップロードイメージ画像

頭の部分の2/3くらいのところから下向きに折ります。

 

12.

アップロードイメージ画像

手順11で下向きに折った▽の半分くらいのところから、今度は上に折り上げます。

 

13.

アップロードイメージ画像

顔が出来ました。

 

14.裏返す

アップロードイメージ画像

裏返したところ。

 

15.下の部分を折る(立たせるため)

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

下からだいたい1cmのところで垂直に折り上げます。

 

16.お内裏さま、完成!!

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

横から見たところです。

 

17.お雛さまを折る

アップロードイメージ画像

お雛さまの折り方も途中まではお内裏さまと同じです。

お雛さま用の折り紙で、手順1~7を折ります。

 

18.

アップロードイメージ画像

さっきのお内裏さま(手順8)とは、折る場所がちょっと違います

お雛さまは、中心の△にピッタリ添わせるように、赤線部分を折ります。

 

19.

アップロードイメージ画像

これで、お内裏さまよりなで肩で華奢な感じのお雛さまになりました!

 

20.

アップロードイメージ画像

ここで、裏返します。

 

21.

アップロードイメージ画像

頭の先を少し折ります。

 

22.

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

最後にお内裏さまと同じように、下1cmくらいのところを折ります。

 

23.完成!!

アップロードイメージ画像

お雛さまが完成しました♪

 

24.

アップロードイメージ画像

和柄の千代紙の上に載せると、一気に華やかに☆

 

 

 

≪豆知識♪≫

ちなみに、お内裏さまとお雛さまを置く位置ってみなさんご存じでしたか?

自分が子供のころどんなふうに飾ってもらっていたか?すっかり忘れてしまったので、今回調べてみました。

 

実は、お雛さまは関東雛と京雛があって、それぞれ左右置く位置が違うそう。

現在広く知られているのが関東雛で、お内裏さまが右(向かって左)、お雛さまは左(向かって右)。

ということで、関東出身の私は、今回関東雛の並べ方で置いてみました^^

 

折り紙でカンタン☆ひな祭り飾りの作り方まとめ

誰でもすぐに作れておすすめのひな飾り♪

 

私も初めて作ったのですが、かなりかわいらしく出来てうれしかったです!

ひな祭りが近づいたら、玄関に飾ろうと思います☆

 

手軽に折れるので、初めて作るひな祭り飾りづくりにピッタリです。

本格的なひな飾りがあるおうちでも、おひな様パーティーのテーブルにこんな飾りを置くのも良いですね!

 

下に敷くちょうどいい柄の紙がなければ、手持ちの折り紙を数枚重ねてもいいと思います♪

アップロードイメージ画像

いかがでしたか?

今回は、折り紙でカンタンに作れる、お内裏さまとお雛さまの作り方をご紹介しました。

 

是非、今年の桃の節句に作ってみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-折り紙

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.