折り紙

包装紙の包み方はこれ。元百貨店販売員がわかりやすく解説♪

投稿日:

こんにちは!

この記事では、贈り物をきれいにラッピングしたいときに役立つ、包装紙を使った包み方を解説します^^

 

私は以前、東京都内の百貨店で働いていました。百貨店では贈り物を選ぶお客様も多いので、包装は百貨店員の基本です。

 

きれいに包むのは難しい!と思う方向けに、今回は手順だけではなくキレイに包むためのポイントをご説明しながらいきますね。

 

ちなみに、包装紙でラッピングする包み方はいくつもありますが、この記事では一番正式な、正包装と呼ばれる包み方を解説します☆

 

きれいに包装するコツは、包装紙のサイズ選びにあり☆

【用意するもの】

アップロードイメージ画像

・包装紙

・プレゼント(包みたいもの)

 

≪ポイント☆≫

その1.

通常、包装紙はくるくると丸めた状態で売られています。

その巻きクセがついたままだと包む作業が大変なので、包装紙の裏面を表にして(売られていた状態とは反対に)くるくると何度か巻いて、出来るだけ平らにしておきましょう!

 

その2.

それからきれいに包むには、ちょうど良いサイズの包装紙を選ぶのが大事!

小さすぎると包めないのはもちろん、大きすぎても包みにくいんですよ。

 

【包装紙サイズのチェック方法】

アップロードイメージ画像

1.まず↑の写真のような角度で包装紙の上にプレゼントを置いてみます。

≪ポイント≫

包装紙は裏面(包んだ時に外から見えない方)が上です。

プレゼントは表面が上品物の上部は左にくるように置きます。

 

アップロードイメージ画像

2.次に↑のように、包装紙をかぶせてみます。この時は折り跡がつかないようにふわっとかぶせて、プレゼントがすべて覆えるか?(包装紙からはみ出してしまう部分がないか?特に赤→の部分を)チェックします。

 

 

アップロードイメージ画像

3.今度は、プレゼントの左側にある部分をかぶせてみます。

赤矢印の角が隠れればOK!

 

アップロードイメージ画像

4.最後に、プレゼントの右側の包装紙をかぶせてみて、赤矢印の部分が隠れればOKです。

 

≪ポイント≫

3~5で、紙をかぶせてみて、ちょうどよく覆える包装紙を選びましょう。もし、用意した包装紙の余りが多すぎるようでしたら、適当な大きさにカットして使うことをおすすめします☆

 

見出し2:よくわかる♪正しい包装の手順を解説

≪ポイント≫

・プレゼントをしっかりと押さえて動かないようにする。

・包装紙は折る方向に少し引っ張るように力を加える。(上方向に折り上げる時には上へ)

※強く引きすぎるとやぶけてしまうので注意!

 

・折り上げた後は、角に手を添わせて折り跡をつける。

・角より紙がはみ出すよりは、気持ち内側に入るくらいの角度で折り込んだ方が、キレイに見えます!

1.

アップロードイメージ画像

まず下の部分から始めます。プレゼントをしっかりと押さえ、下の部分の包装紙を上方向に引っ張りながら折ります。

 

2.

アップロードイメージ画像

1で折った部分を押さえながら、左手で左側に出ている包装紙をプレゼントに沿わせる。

 

3.

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

左側の包装紙が角よりはみ出さないように紙を折り込みながら、プレゼントに沿わせて立ち上げていく。

 

4.

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

左側の包装紙をプレゼント上の面にかぶせていく。

 

5.

アップロードイメージ画像

↑のように、右手で2枚の紙が重なる部分を押さえておく。

 

6.

アップロードイメージ画像

右手を持ち替える。この後、プレゼントを反対側にパタンと倒していくことになるので、少しプレゼント浮かせて親指を下、その他の指は上にあてて包装紙とプレゼントをつまむように持っておく。

 

※写真のように、包装紙がずれないように気を付けながら、プレゼントごとテーブルの端にスライドさせると、手を持ち替えやすい。

 

7.

アップロードイメージ画像

左手は↑のように紙の上部をつまみ、角に合うようにひだを作って折り込んでいく。

アップロードイメージ画像

(左上から見るとこんな感じ)

 

8.

アップロードイメージ画像

右手でプレゼントを持ち上げつつ、左手で上部の紙を角に合わせていく。

※右手は手前に引っ張るように、左手で持った紙は、自分とは反対側に引くようにすると、きれいにできます☆

 

9.

アップロードイメージ画像

折り位置を決めて、垂直にプレゼントを立てたところ。

10.

≪NG例≫

アップロードイメージ画像

9で、角が折り込めていないと、この後倒したときに、こうやってはみ出てしまいます!

アップロードイメージ画像

その時は慌てずに、右手をしっかり押さえたままプレゼントを起こして、折り込みなおせばOK^^

 

11.

アップロードイメージ画像

右手はしっかり押さえたままで、自分とは反対側にパタンと倒していきます。

 

12.

アップロードイメージ画像

プレゼントの上部に沿うようにきれいに折れたら、はみ出た部分にも折り筋をつけておきます。

 

13.

アップロードイメージ画像

きれいに折り筋をつけたところ。ここで、↑のようにプレゼントを押さえて自分側に引くと紙がピンとして緩みが出にくいです。

 

14.

アップロードイメージ画像

ここで、押さえる手を変えます。プレゼントを左手で押さえ、右手で右端の紙の処理をしていきます。

 

15.

アップロードイメージ画像

紙を右方向に引きながら、プレゼントに沿わせるように上にあげます。

 

紙を上にあげたら、左手の親指で押さえながら…

 

16.

アップロードイメージ画像

↑のように右側の包装紙を立ち上げていきます。

ある程度上げたら、右手の親指は離してOK。

 

17.

アップロードイメージ画像

プレゼントに沿わせて折ります。折ったら押さえる手は左側に変え、少し左側に引っ張るように紙に力をかけます。

※この時、左手の親指はプレゼントを、右方向に押しています。こうやって力を加えていくと紙がピンと張ってきれいに、緩みにくくなるんです。

 

18.

アップロードイメージ画像

右手で、右上の角を整えていきます。

 

19.

アップロードイメージ画像

右手で角を整えたら、右手の親指で紙を押さえながら、左手で折り込んでいきます。

 

アップロードイメージ画像

ここも外側にはみ出さないように折ります。直角にするのが難しければ、少し内側に85°位の角度に折り込む気持ちで折ってOKです。

アップロードイメージ画像

これくらいの角度がついてもOK!

20.

アップロードイメージ画像

折り込む位置を決めたら折り筋をつけていきます。

私は、この手順は左手でやっていますが、右手の方がやりやすければ、もちろんそれでOKですよ☆

 

 

21.

アップロードイメージ画像

上から押さえて筋をつけます。

 

22.倒します。

アップロードイメージ画像

 

いよいよ完成間近!

 

23.

アップロードイメージ画像

上からなぞって、折り筋をつけます。

 

24.

アップロードイメージ画像

きれいに折り筋をつけたところ。

 

25.

アップロードイメージ画像

この後、赤線のところで折っていきます。

 

26.

アップロードイメージ画像

まず、谷折りに折って、折る位置に線をつけます。

 

27.

アップロードイメージ画像

一度開いてから、右側部分の包装紙を手順26でつけた折り筋のところを、内側に折り込みます。

 

28.

アップロードイメージ画像

次に、上側にくる包装紙の右側にも折り筋をつけておきます。(赤線のところです)

 

29.

アップロードイメージ画像

折り筋をつけた部分で内側に紙を折り込みます。

 

30.

アップロードイメージ画像

最後に左側の紙を折り込みます。

※少し浮かせるようにすると入れ込みやすいです☆

 

31.

アップロードイメージ画像

出来ました^^

 

32.

アップロードイメージ画像

最後にテープを止めたら、完成です!

 

33.

アップロードイメージ画像

表から見たところ。

 

34.

アップロードイメージ画像

上から見たところです。

この後、リボンかけなどをする場合は、こちらを上にしてくださいね!

 

アップロードイメージ画像

こちらが下ですよ~^^

 

 

コツさえつかめば、あなたもラッピング上手に☆

お店で頼むこともできるラッピングですが、自分で出来ると何かと便利です♪

 

相手好みの包装紙をチョイスして喜んでもらったり、包装サービスをしていないお店で買ったものや自宅に眠っていたものも素敵にプレゼントできますよ^^

 

これさえ見ればわかる!基本の包装の手順、まとめ

 

いかがでしたか?

最初はチラシなどいらない紙を使って、何回か練習するとコツがつかめてくると思います♪

 

この記事でご紹介したポイント

・しっかり押さえる。

・紙を少し引っ張りながら、作業する。

・外にはみ出すよりは、少し内側に折り込む気持ちで。

 

この3つを意識しながら、是非、チャレンジしてみてくださいね!

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-折り紙

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.