雑記

副島萌生アナNHKサンデースポーツから東京五輪担当ほぼ確定?

投稿日:

アップロードイメージ画像

引用元 NHKアナウンス室

NHKのスポーツニュース「サタデースポーツ」「サンデースポーツ2020」などでおなじみの副島萌生アナ.。

「サタデースポーツ」では女性初の単独キャスターとして起用されました。

入局4年目の異例のスピードでの東京アナウンス室配属も、上層部の期待が大きい証拠と言われ、アナウンス力もあり元気な笑顔もあり、人気上昇中です。

そんな副島萌生アナのことが気になったので、調べてみました。

副島萌生アナNHKサンデースポーツキャスターに

副島アナは高校時代、放送部に所属し、NHK杯全国高校放送コンテスト・アナウンス部門で2年生としては最高位の優良賞に輝いています。

学生時代からアナウンススクールに通い、女子アナを目指していた副島アナはアナウンス力があり、その能力を買われて採用されました。

1年目に全国放送の「着信御礼!ケータイ大喜利」に出演した時、あの新人アナかわいい! と話題になっていました。

2018年4月1日より、NHKのスポーツニュース「サタデースポーツ」「サンデースポーツ2020」に起用された副島アナですが、「サタデースポーツ」では女性初の単独キャスターとなりました。

これは高いアナウンス力と上層部の期待の現れでしょうね。

それにしても大越健介アナは、「サタデースポーツ」「サンデースポーツ2020」で、副島萌生アナと元新体操日本代表の畠山愛理さんの美女二人に囲まれて、羨ましいい環境での仕事ですね。

副島萌生アナ東京五輪担当ほぼ確定?

卓越したアナウンス力に加え、スポーツの舞台に合う元気ハツラツの笑顔が素晴らしい。東京五輪まで2年というこのタイミングで彼女を局の看板スポーツ番組に起用したということは、NHK上層部は副島アナを、五輪の顔にする方針なんだと思います」(夕刊紙記者)

人気と実力でNHKの顔になると思われる副島アナ。

通常、NHKのアナウンサーは地方局をドサ回りしてから中央に戻るようですが、26歳という若さの副島アナが早期招集されたのは、20年東京五輪のキャスターをにらんだものであることに間違いようです。

これは局の期待の現れでしょうが、視聴者に人気があるアナウンサーを起用するのは、視聴者目線で考えると自然のことだと思います。

NHKのアナウンサーは地方局勤務も合わせると、かなりの人数がいます。

その中で選ばれたのだから、副島アナには自身を持って頑張ってほしいですね。

副島アナは、ただかわいいだけ、ただキレイなだけというわけではなく、アナウンス力を評価されてるアナウンサーです。

学生時代からアナウンサーを目指し、アナウンス力を高めてきた結果ですね。

まとめ

第81回選抜高校野球大会で、開会式と閉会式で司会を務めた経験もある副島アナ。

アナウンサーの基本であるアナウンス力を認められ、さらに異例のスピードで「五輪の顔」に、ほぼ決定したような副島アナは人気だけあるアナウンサーではありません。

しかし、そうは言っても美人で、笑うとかわいい笑顔も人気の理由の一つです。

NHK内で現在、副島アナが猛烈にプッシュされているとウワサされていると、よく聞くようになってきましたが

このまま順調にアナウンス技術を向上させ、アドリブにも対応できるようになれば、東京オリンピック期間中も副島アナウンサーがメインキャスターとなりそうです」(NHK関係者)

関係者も認めるほど、NHKの顔になりつつというよりは、すでにNHKの顔と言ってもいいのではないでしょうか?

副島萌生アナは1991年12月28日生まれの27歳です。

まだ若く、これからのNHKを背負っていけるアナウンサーになっていくことでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-雑記

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.