収納 工作

トイレットペーパーの芯を使って工作!小物入れの作り方

投稿日:

こんにちは、今回はトイレットペーパーの芯で可愛い小物入れを作ります。

コンパクトな小物入れなので、旅行や、ちょっとしたプレゼントにも使えますよ。

 

トイレットペーパーの芯は、ご家庭で出やすいゴミの1つです。

その芯を使って可愛い小物入れを作れたら、ごみも減っていいですよね。

簡単に作れる小物入れをご紹介しますので、ぜひ作ってみてください。

可愛い小物入れで気持ちもアップ!

ちょっとしたアクセサリーや、薬など小さいものを入れておくのに、

ちょうどいいサイズの小物入れってなかなか無いこともあります。

 

家にあるトイレットペーパーの芯で、簡単に可愛い小物入れが作れたらいいですよね。

コンパクトな小物入れが作れるので、

小さなアクセサリーや、薬を持ち運ぶのにもおすすめです。

荷物にもなりにくいので、旅行やちょっとしたお出かけにも持っていけますよ。

 

何個か作って並べたら、可愛いインテリアにもなります。

色や柄を変えて可愛く作って、たくさん作ってみてください。

 

≪用意するもの≫

・トイレットペーパーの芯

・折り紙(今回は柄の折り紙を使っています。)

・のり     ・はさみ

・ティッシュ  ・布(無ければ使用しなくても大丈夫です)

 

折り紙の代わりに、マスキングテープなどを使っても簡単に可愛くできますよ。

トイレットペーパーの芯で可愛い小物入れの作り方

 

1.使用するものを準備します。

アップロードイメージ画像

 

2.トイレットペーパーの芯を半分に切ります。

アップロードイメージ画像

3.片方を1㎝程度短く切ります。

アップロードイメージ画像

 

4.短い方のトイレットペーパーの芯の片面を、

写真の様に1㎝幅で切り込みを入れます。

アップロードイメージ画像

 

5.切り込んだ部分を内側に曲げていきます。

アップロードイメージ画像

 

6.長い方のトイレットペーパーの芯を使って、

 折り紙に円を描いて、はさみで切ります。円を2個作ります。

アップロードイメージ画像

 

7.長い方のトイレットペーパーの芯を縦に半分に切ります。

アップロードイメージ画像

 

8.1㎝程合わせてテープで貼り付けます。

アップロードイメージ画像

 

9.片面に1㎝程度間隔をあけて切りこみます。

アップロードイメージ画像

 

10.切りこんだ部分を内側に折込ます。

アップロードイメージ画像

 

11.円形に切った折り紙を、2つのトイレットペーパーの芯の

 折り込んだ部分に貼り付けます。

アップロードイメージ画像

 

12.もう1枚の折り紙を、各トイレットペーパーの芯の長さより1㎝大きく切ります。

アップロードイメージ画像

 

13.のりで折り紙を貼っていきます。

アップロードイメージ画像

 

14.余った部分の折り紙に切り込みを4つ入れて、内側に折込ます。

アップロードイメージ画像

 

15.布とティッシュを用意します。

アップロードイメージ画像

 

16.丸めたティッシュに布を巻きつけます。

アップロードイメージ画像

 

17.巻き付けた布を長い方の入れ物に入れます。

アップロードイメージ画像

 

18.完成です。

アップロードイメージ画像

スポンサーリンク

 

簡単にアレンジ自在!

トイレットペーパーの芯で簡単に作れる小物入れは、

折り紙の柄を変えたり、シールを貼ったりと工夫ができます。

失敗しても何度も作りなおせるので、色々チャレンジもできますよ。

 

小物入れだけではなく、子どもさんのプレゼントに使えたりもします。

小さいお菓子や、おもちゃを入れておくのにもおすすめです。

 

折り紙を布に変えたり、フェルトにしても可愛く出来ます。

また、麻ひもや、毛糸を巻きつけてもお洒落になります。

 

簡単に作れるので、子どもと一緒に作れます。

飾り付けを子どもに任せるのも楽しいですよ。

トイレットペーパーの芯で簡単小物入れの作り方・まとめ

今回は、トイレットペーパーの芯で簡単に小物入れを作る方法をご紹介しました。

手に入りやすい道具で、簡単に作る事ができるので気軽に作れます。

 

色や、柄を変えたり、アレンジがたくさんできるので、

たくさん作ってお家に飾ることも出来ます。

子ども用、大人用で柄を変えて作ってみてもいいですね。

簡単に作ることが出来るので、ぜひ作ってみてください。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-収納, 工作

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.