アクセサリー

ステンドグラスで手作りのアクセサリーの作り方!ピアス編

投稿日:

ステンドグラスというと、みなさんは教会の窓やランプをイメージするでしょうか?

自然光や電球の光に透けたガラスは、カラフルで暖かみがありとてもきれいですよね(*^-^*)

そんなきれいなガラスをもっと身近に感じたく、今回は、ランプづくりで余ったガラスを使い

オリジナルアクセサリーを作ってみました♪

用意するもの

アップロードイメージ画像

・デニム地のエプロン ・滑り止め付きの軍手または、園芸手袋 ・油性ペン ・板ガラス ・ガラスカッター

・カッティングオイル ・ガラスカッターを立てかける瓶 ・瓶に入れるガーゼ数枚 ・ワニ口プライヤー2本

・ルーター(ガラスを削る機械) ・カパーテープ ・竹製の割りばし ・ハサミ

・フラックス(はんだを伸ばす溶剤) ・フラックスを入れる容器 ・筆 ・鉛フリーはんだ ・はんだごて

・要らなくなったハンドタオル3枚 ・パーフェクトクリーナー(フラックスを落とす薬品) ・食器用洗剤 ・スポンジ ・ポリワックス

・ピアスのパーツ ・SUボンド

 

エプロンはガラスの破片や溶けて落ちたはんだが服につき、ケガや大切な服が溶けてしまうのを防ぐためです。

ケガ、火傷をしないようにエプロンと手袋をし、安全に考慮して行ってください。

アクセサリー作りの際は、金属アレルギーに考慮したすすが入っていない鉛フリーのはんだを使用しましょう。

 

では、実際に作ってみましょう♪

ステンドグラスアクセサリーの作り方

工程1

アップロードイメージ画像

カッターの刃が傷つかないようにカッティングオイルをしみこませたガーゼを瓶に入れ、カッティングオイルを入れたガラスカッターを瓶に立てておく。

そして、板ガラスの切り取りたいところに油性ペンで目印をつける。

ガラスを切るといっても、割って、切り取る物なので、直線or緩やかな曲線しか切れません。

星型などの場合は、V字に凹んでいるところは切れないので、三角を組み合わせて作ります。

 

工程2

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

印をつけたところをなぞるように、ガラスカッターでカットし、ワニ口プライヤーを使用して割り取る。

今回はアクセサリーなので、最終的に小さい四角2つに切りました(*’ω’*)

この時、ワニ口プライヤーは必ず、丸みがある方を下にして使用してください。

 

工程3

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

ルーターを使用して、割り取ったガラスのふち、きれいに切れなかった所をけずり、形を整える。

(この時、ガラスのふちで手を切る可能性があるので手袋をすることをおススメします。)

けずり終えたら、濡れ雑巾で拭くか、食器用洗剤を使用して、きれいに洗い流す。

 

工程4

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

カパーテープの中心位置にガラスがくるように貼り、ガラスにかぶる幅が左右均等になるように巻いていく。

巻き始めと巻き終わりは3㎜ぐらいかぶっていろのがベストです♪

貼れた個所を手で軽く抑え、竹製の割りばしを使いテープのしわを無くすように、ガラスにかかった部分が指に引っ掛かりが無くなるまで、しっかりと全面をこすり貼る。

 

工程5

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

はんだごてのコンセントを繋ぎ、温める。(数百度にまで温まるので、絶対に素手で触らないでください。)

こてが汚れたら拭いて掃除するために、こて台の下に、ほんの少し絞った、濡れたハンドタオルを設置する。

フラックスを少量、容器に入れ、筆と一緒にはんだごての脇に用意しておく。

 

工程6

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

ガラスがはんだごての熱でとても熱くなるので、エプロンと手袋をし、ピンセットを使い、はんだ付け作業をする。

工程4の時に巻いたテープの部分全てに、筆でフラックスを塗り、はんだごてで側面がかまぼこ状になるように少しずつはんだを塗り広げる。

同じ個所を何度もこてで触ると、下のカパーテープが熱で焼け溶けてしまうので、手早くササっと塗り広げ、ちょんちょんっと触るようにかまぼこ状にするのがコツです!

使用後のフラックスはもとの容器には戻さずに、筆とフラックス容器を水洗いして乾かしてください。

 

工程7

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

はんだ付けを終えたら、パーフェクトクリーナーをタオルに吹き付け、フラックスで汚れたガラスとはんだ部分をきれいに掃除する。

(フラックスがついたままの金属は、錆びの原因になるのでこの時にピンセットも一緒に掃除してください。)

パーフェクトクリーナーできれいにした後は、食器用洗剤とスポンジを使い洗い上げる。

スポンジは、ザラザラしたほうを使い、パーフェクトクリーナーで取れなかった汚れを落とし、水けを拭く。

 

工程8

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

きれいにしたガラスにSUボンドを使い、ピアスのパーツを取り付ける。

注意 とても乾くのが早いので素早く貼り付けてください。

 

工程9

アップロードイメージ画像 アップロードイメージ画像

ボンドが渇いたら、仕上げにポリワックスをつけてつやを出す。

ワックスをつけることによってはんだが錆びにくくなります。

アップロードイメージ画像

以上の工程でステンドグラスアクセサリーの完成です!

まとめ

ここまでの所要時間は約1~2時間ほどでした。

工程5までは、あまり時間はかからず、サクサク順調に進みました♪

が、はんだ付けをしてかまぼこ状にするのは、ステンドグラス経験がある私でも、パーツが細かいせいかなかなかコツをつかむのが難しかったです。( ;∀;)

完成したアクセサリーは、ガラス特有の色の被りや透け感があり、はんだの金属との異素材が織りなすコントラストがとてもきれいです♪

これをつけてお出かけするのがとても楽しみです(*^-^*)

 

ケガや火傷にさえ注意していれば、小学生のお子様でも、体験できると思いました♪

夏休みやの自由研究など、お近くのステンドグラス体験教室に行かれてみてはいかがでしょうか♪

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-アクセサリー

Copyright© Glory days , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.